アフターピルを服用する際の正しいタイミング

アフターピルに使える時間は、通常72時間以内で、この時間内であれば避妊出来る確率が高まります。
しかし、アフターピルは早く使う程効果が高くなるので、制限時間に関わらず早めに使用する事が効果的です。
アフターピルの効果は、使用する方法によって違いますが、どのやり方も100%ではないので、必ずしも確実な効果が得られるとは限りません。
ただ、使用しないよりは遥かに効果的なので、望まない妊娠を行いそうになった時は、迷わずアフターピルを検討する事が大切です。
アフターピルの具体的な効果は、使用する人の体調にもよりますが、一般的には8割前後の避妊成功率が認められています。
この数字は、アフターピルを使用しない方法に対して、有効な効果を証明する事になるので、現実的な選択肢の一つと考える事が可能です。
アフターピルの負担は、体に全く影響がないとは考えられませんが、安全性は確認済みの上で使用されているので、頻繁に使わなければ安全性は高いといえます。
非正規の方法で入手するアフターピルは、製造品質と安全性の問題が潜むので、必ず医者から直接提供を受ける事が必要です。
また、正しいタイミングを理解する意味でも、医者の助言に耳を傾ける事は役立ちますし、間違わずに最も効果的なタイミングで使用する事が実現します。
通常の知識では、72時間という数字が基準になりますが、誰にでも当てはまるとは限らず、体調や他との飲み合わせによっても違いがあります。
確実な避妊を求めるのであれば、効果的な方法の選択も必要になるので、専門知識を備えた医者に相談する事は頼りになります。
服用のタイミングは、繰り返し使用する事で掴める様になりますが、初回は経験からヒントが得られないので、医者から適切な使い方を聞く方法が適しています。

アフターピルの服用で起こる主な副作用

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれコンドームが外れてしまったり、様々な理由により避妊ができなかった場合に服用する避妊薬です。
性交の際に避妊に失敗した場合決められた時間内にアフターピルを服用する事によって卵子の受精や受精卵の着床を防止する効果があります。
アフターピルを性交渉後24時間以内に服用した場合95%、72時間以内に服用した場合75%の避妊効果があると言われています。
アフターピルを服用すると消退出血と呼ばれる出血が起こります。
これは子宮内膜を強制的にはがしているために起こります。
早い人では数日後に出血があり、出血が確認できれば避妊成功となります。
出血が無かったり月経の予定日を過ぎても生理が来ない場合は妊娠しているか確認する必要があります。
アフターピルの副作用は主に吐き気や頭痛、胸の張り、生理痛のような痛み、不正出血等が挙げられます。
これらの症状は女性ホルモンを大量摂取する事によって引き起こされます。
ホルモンを吐き気としてはつわりのような吐き気を催しますが吐き気止めを服用する事で症状を軽減させる事ができます。
消退出血がおこるためめまいや頭痛などの生理の時と同じような症状も引き起こされます。
緊急避妊が失敗して妊娠したとしてもアフターピルの影響はないと言われています。
理由としては妊娠時には身体から緊急避妊薬の10倍以上もの女性ホルモンが分泌されるため、アフターピル程度の女性ホルモンの量では胎児に影響を与える事はありません。
アフターピルはあくまでも緊急的な避妊を行う薬で、値段も高額です。
辛い副作用があるほか精神的にも負担が大きいため、普段から経口避妊薬を飲んだり避妊具を付けるなどして妊娠を避ける事が大切となります。

アフターピルの処方はお値段いくら?

アフターピルの処方は、全ての産婦人科などの医療機関で行っているわけではありません。
そのため、処方を希望するときには、一度産婦人科などに電話で確認してからの方が良いでしょう。
処方してくれる病院が見つかっても、健康保険証は基本的に必要ありません。
アフターピルの処方には健康保険が利用できないため、診察代とアフターピルの料金は全額自費負担となっているためです。
自費での治療の場合、診察代は様々です。
診察はいらないからアフターピルだけ欲しいという人もあるかもしれませんが、アフターピルは医師の処方箋がなければ処方されない薬のため、診察は受けなければなりません。
使用する薬によって変わってきますが、5000円~15000円程度が相場だと言われています。
費用が掛かってしまうことが気になるかもしれませんが、アフターピルは何よりも早く服用することが重要なポイントです。
72時間以内に服用しなければ効果がないと言われているため、近くで処方してくれる医療機関が見つかれば、すぐにでも処方してもらった方が良いでしょう。
でもやっぱり価格が気になるという場合では、自己責任になりますが個人輸入でアフターピルを所持しておくという方法をとることもできます。
医薬品の個人輸入は、個人で使用する範囲でのみ認められていて、医師の処方箋も必要なく購入することができます。
ネットでは輸入代行を行っている業者もあり、その価格は日本の医療機関でアフターピルを処方してもらう金額の半額以下のケースもあります。
しかし、服用したことにより重大な副作用等が起こっても、全ては自己責任になってしまいます。
その点をしっかりと理解したうえで、万が一のために所持しておくことも一つの方法です。
■人気の低用量ピルなら
トリキュラー